ファンヒーター吹き出し口ガード

今回の商品はヤフーショッピングで購入したグリーンライフのファンヒーター吹き出し口ガードです。

グリーンライフ ファンヒーター吹き出し口ガード 本体幅27〜49cm対応 FG-49S

購入目的はこいつの鼻先を守るため

吹き出し口に鼻先をくっつけて熱い想いをしたら可愛そうですからね。

ちなみに着ているのはジーンズメイトで買ったOUTDOOR PRODUCTSのドッグウェア

ジーンズメイトのオンラインストアでは在庫も残りわずかで、サイズもホワイトは2号しか残ってないみたいです。

届いた吹き出し口ガードがこちら。

グリーンライフという本社が新潟県にあるいろんなモノを作っている会社の製品。

今回はヤフーショッピングで購入しましたがamazonでもたくさんの商品が販売されています。

amazonでグリーンライフ社製の製品を見る

じつは商品が届いてから「しまった・・・」と思ったことが・・・

「石油ファンヒーター専用」って書いてあるんですけど・・・

これを取り付けようと思っているのはガスファンヒーターなんですけど・・・

さてどうしよう・・・?

グリーンライフの公式サイトで調べてみました。

すると「よくある質問」のストーブガードのところに「石油ファンヒーター専用ガードは、なぜガスファンヒーターでは使用不可なのでしょうか?」っていうのがあって、その回答にはこう書かれています。

石油ファンヒーター専用ガードは燃料タンクの自重と「固定金具」で本体を固定しています。一方、ガスファンヒーターガードは燃料タンクがなく軽量コンパクトとなっており「固定金具」での固定は困難でしたが、ガスファンヒーターも固定できる、新製品 GFGS-60N「石油・ガス兼用ファンヒーターガード」を発売いたしました。同じく、吹き出し口ガードでも石油・ガス兼用の吹き出し口ガード FGG-58Sを発売いたしました。客間、リビング、子供部屋などでご使用されているファンヒーターの種類によりタイプをお選びください。

え~と、どういうこと?

文中にあるGFGS-60Nっていうのがこれ

グリーンライフ (GREEN LIFE) 石油・ガス兼用ファンヒーター専用ガート幅60×奥行56×高さ60㎝ GFGS-60N ホワイト 6か月~

商品画像にはこんな画像もあって・・・

ガード本体にファンヒーターが乗っかってるのが「自重」という意味で、本体が倒れないようにファンヒーターの全面にあるのが「固定金具」だと思います。

これじゃなくて吹き出し口ガードのFGG-58Sは・・・

グリーンライフ (GREENLIFE) 吹き出し口ガード(石油・ガス兼用) 取付有効幅27~58㎝ 植毛仕上げ FGG-58S ブラック 1個 (x 1) 0か月~

見た目は今回購入したFG-49Sとほとんど同じに見えます。

しかも、amazonのこの製品の商品ページをみて気づいたことがありまして・・・

石油・ガス兼用のFGG-58Sの新しいモデルが石油ファンヒーター対応のFG-49Sと紹介されているのです。

えっ!「石油ファンヒーター対応」?

「専用」じゃないの?

amazonのFG-49Sの商品ページがこちら

グリーンライフ (GREEN LIFE) 吹き出し口ガ―ド 石油ファンヒーター対応 コンパクトタイプ ホワイト FG-49S

で、結局どうなの?

最終的には自己責任っていう話なのかな?

そんなんでいいのか?

石油・ガス兼用のFGG-58Sの商品画像の1枚がこれ

ガスファンヒーターに取り付けた場合の画像です。

そして今回、我が家のガスファンヒーターに取り付けた画像がこちら。

同じ。

同じですよね。

商品ページの「対応」っていう文字と実際の商品パッケージの「専用」っていう文字は何なのか?

もうよくわかりませんが、心配な方は「石油・ガス兼用」をお求めください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA